ページ

2011年1月14日金曜日

小説・・・【アイノル】

こんだあああぁぁぁす!!
まぁ、小説ですよ^^・・・・
アイノルですよ^^・・・・
いつものノリが全然こない中での小説ですよ^^・・・
・・・どしよぅ・・俺・・・;;('・c_・` ;)
まぁ、頑張るよ・・・・多分強制終了になりそうだけど・・・

                  wそれでわどうぞw



あなたたちは、覚えているだろうか・・・
アイスランドの火山噴火の事件を・・・・

あの、噴火でどれだけの国が被害にあったか・・・
そんなこんなで、アイスランドとノルウェーは他の国に謝りに
いったらしい・・・。
まぁ、アイスの熱のせいであんなに被害がでるとは、ノルウェーも
考えつかなかっただろう・・・。

そんなこんなで、家の中・・・・

「アイス、大丈夫け?」

「うん、まぁ・・・」

「まぁ、謝ったんだしいんでないか?・・・」

「・・・もう、疲れた;・・・」

疲れるのは、当たり前だろう。
ヨーロッパなど色々な国へ行き謝ってきたのだから・・・。

「寝るか?・・・」

「うん・・・」

そのまま、ノルウェーは部屋をあとにしようとしたが・・・・

「・・ん?・・」

「・・・あのさ・・一緒に寝たい・・・・//」

アイスは、ノルの服をつかみ顔を少し赤くしながら呟いた。
ノルは、不思議と懐かしい感じがした・・・。

「・・・ん、いいしょ・・・」

「別に、寂しいとかそんなんじゃないから・・・///」

「・・・ん・・」



                ・・・続く・・・



うん、もうアイスよりかなり私の方が疲れてるような気がする・・・;;
という訳で、続きます!!w
まぁ、これ以上思いつかないから続きにしたんですけどね;;・・・^^;

まぁ、次回もノリで頑張ってみます!

                   wそんでわw
               

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿